English | Chinese | Russian
ホームニュース

ニュース

ニュース

過去のアーカイブ

May
20

2015年5月31日以降の新システム導入に関して

2015年3月18日以降のイギリス国外からのビザの申請に対して、Biometric Residence Permitカードの発給という新しいシステムが導入されています。

すでにイギリス国内でビザ申請をし申請が受理された場合はBiometric Residence Permitカード(通称:BRPカード)がビザステイタスをあらわすものとして発給されていますが、この新システム導入により、イギリス国外からの申請に対しても適用されるようになります。

BRPカードとはクレジットカード大のプラスティック状のもので、チップが埋め込まれており、携帯者の顔写真、指紋、自筆サイン、ビザ情報を含む基本情報を読み取ることが可能です。また、携帯者のイミグレーションステイタスを示すものとして、イギリスへの再入国の際の入国審査時には提示が求められます。

以前はイギリス国内からのビザ申請者に対して発給されてきたBRPカードですが、2015年3月18日以降はイギリス国外からの申請し、発給を受けたビザ保持者に対してもこのBRPカードの発行と携帯が義務付けられるようになりました。

ただし、この新システムは、導入時期とエリアが4つにわかれており、順次導入されています。日本からの申請の場合は第3フェーズでの導入を予定しており、2015年5月31日以降の申請に対して適用されることとなります。
2015年5月31日以降に日本から申請した場合、申請が受理されビザが下りると、パスポート内にシール状のビザが張り込まれます。これは30日間の有効期限となっており、この期限内にイギリスに入国し、入国から10日以内に指定された郵便局でBRPカードの受け取りを済ませる必要があります。

この新システムの導入により、ビザ申請の手続きだけではなくビザ発給後・イギリス入国後にもBRPカードの受領という手続きが必要となりました。新たなシステムの導入時は多少の混乱が生じる恐れがあり、「知らなかった」「よく分からなかった」と必要手続きを踏むことができずにトラブルに発展する場合もあります。こうした不測の事態を避けるためにも、ビザ取得のための手続きに関しては事前に専門家に相談することを強くお勧めいたします。

弊社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。



◆関連記事
Home Office
https://www.gov.uk/government/publications/biometric-residence-permits-overseas-applicant-and-sponsor-information

ページトップへ